商品ページ
トップページ > 使い方 > ノミの使い方

ノミの使い方

鑿の種類と用途

各部の名称

主な鑿の種類と用途

主な用途
【追入れノミ、洋ノミ】浅い穴などを彫る

【内、外丸のみ】湾曲した削り作業に向く

【向待のみ】細く深い穴彫り作業に使用

【厚のみ】大きく深い穴を彫る時に使用

【薄のみ】仕上げ加工、狭い場所の削りに使用する、叩いて使用しない為,かつらが無い

【鎬のみ】仕上げ削り、狭い、隙間などの仕上げ加工に使用

【バチ型のみ】隅加工などの仕上げに使用

【鍛流のみ】追入れのみと同じく浅い穴彫りなどに使用

掘り方

ホゾ穴を彫る 1
※彫る位置の墨付けが終わったら、墨付け線の2㎜位、内側を鑿の刃先で、彫り線を刻む。

刃裏を上に向け彫り始める。

彫り屑が溜まったら、縦にノミを打ち込み木屑を打ち取る。

反対側からも同様に彫る、半分が掘れたら裏側も同様に彫る。

彫り終えたら墨線に沿って仕上げ彫りをする。

完成

ホゾ穴を彫る 2
木工ドリル刃で荒彫りをする。
ノミで彫る前にドリル刃で下穴を彫る。

墨付け(ドリルセンターも墨付けする)

ホゾ穴より小さいサイズのドリルで彫る。

裏側も彫る。

彫り線を刻む。以後『彫る1』と同じ工程。

欠き取り

はめ込む位置に墨線を引いたら胴付鋸(切り口がキレイ)などで溝幅を切り込む。

不要な切取り部分に、切り込みを入れ欠き取りやすくする。

ノミで切り込み深さの手前まで徐々に欠いていく。

切り込み深さの手前まで欠く。

ノミで仕上げ削りを行う。

際鉋(キワカンナ)で平面や隅を仕上げる。