用途別庖丁紹介
[戻る]家庭用庖丁類のご紹介
品名 形状見本 用途、特徴
なきりほうちょう
菜切庖丁
角型庖丁ともよばれる、伝統的な日本式の野菜専用の庖丁です。
刃は柔らかい素材向きに薄く鋭く作ってあり、野菜の千切りなどに最適ですが、骨付きの肉や鶏肉、魚等には向きません。
刃は主に鋼付の素材が使われ、研ぎ易さも特徴です。
さんとくほうちょう
三徳庖丁
本来は柔らかい素材の野菜用ですが万能庖丁とも呼ばれ肉や魚の薄切り等にも便利です。
切っ先は肉の筋切り、イカ刺し、中ほどは大根やレモンの輪切り、野菜の千切り、乱切り、刃元はジャガイモの芽取り、野菜果物の皮むき等、多彩に使えます。
ぶんかぼうちょう
文化庖丁
文化鍋、文化住宅等と並んで高度成長期に大流行し、どこの家庭にもあった万能庖丁です。
肉、魚、野菜を切るだけでなく、峰でゴボウの皮を削いだり、平らな部分でニンニクをつぶしたりと、万能選手です。比較的安価ですが全鋼のものが多く研ぎ易さには少し欠けます。
でばぼうちょう
出刃庖丁
重さがあり、先が尖っているので大きな魚を卸したり、魚骨や厚い身を切る時に使います。
鋭い切っ先は魚のエラや内臓をかき出すのに便利です。
しかし太い魚の背骨などを叩き切る際、うっかり途中でこじったりすると、鋭い刃先が欠けることがありますので注意が必要です。
あじきりほうちょう
鯵切庖丁
出刃庖丁を一回り小さくした、主に小魚用の料理庖丁です。
小振りの使い易さから尖った刃先を使って、サンマ、キス、アジ等小魚の内臓を取り除くなど、小細工に便利で、隠れたベストセラーになっています。
また、海釣りの餌加工にも重宝されます。
さしみほうちょう
刺身庖丁
まさに名前の通り刺身を造る時に使う専用庖丁です。
先の尖った正夫(しょうぶ)とも呼ばれる柳刃(やなぎは:写真)と先の平らな関東型の蛸引(たこひき)の2種類があります。
滑るような動きで刺身を引き切る鋭い切れ味と長い刃が特徴です。
ぎゅうとう
牛刀
牛刀庖丁 肉や魚の薄切りや小細工にも便利な元は西洋から来た料理庖丁です。
肉の塊の切り刻みから野菜にまで使えますので、レストランから一般の家庭まで幅広く使われています。
ステンレス製で全鋼のものが多く、錆びにくい反面、研ぎ直しに少し難があります。
ぺティナイフ
牛刀と作りは同じですが小型で使い易く、料理の細工や果物の皮むきなどに便利です。
その扱いやすさと切れ味の良さから、最近特に新世代の家庭を中心に、手軽に使いこなせる料理庖丁として重宝がられています。

[戻る]
刃物工房トップ|用途別庖丁紹介|